マグネット印刷の疑問を解決します!

マグネット印刷の種類|車に貼るためのマグネット

マグネット印刷の種類|車に貼るためのマグネット マグネット印刷は、裏面に磁力のあるマグネット板を取り付けた薄いプラスチック板に水に強い塗料を使ってデザインを印刷するものです。
そんなマグネット印刷の種類において、最も見かけるのが車に貼り付けるタイプといえます。
なぜこの種類を見かける機会が多いのかというと、マグネットなので簡単に外せる利点があるからです。
これまでデザインをする際には、フィルムを張るもしくは直接塗料を塗るというのが定番だったのです。
これらの方法の利点は車に特徴を与えられるので特別感を演出できるだけでなく、企業にとっては名前や商品の絵柄を描くことで宣伝にもなります。
しかしフィルムを張るもしくは直接塗料を塗るという方法は、一度行ってしまうと簡単に外すのが難しくなるのです。
その点マグネット印刷であれば、材質に塗料で印刷して貼り付けるだけなので剥がす手間や傷つける心配がなくなります。
その上プラスチック板の大きさも調節できるのと、デザインや広告にバリエーションを与えられるのも大きいです。

プラスチックにマグネット印刷するにはどんな種類がある?

プラスチックにマグネット印刷するにはどんな種類がある? 様々な場面で便利に利用されるマグネット製品は、長く愛用してもらいやすく目にしてもらえる機会も多いので宣伝効果も高くなります。
伝えたいことを印刷してグッズという形で利用されるケースが多くなっているのです。
特にプラスチックでできているものは耐久性も高いため、長く使ってもらえる可能性が高くなります。
鮮やかな色でデザイン的にも美しく、水にぬれても問題ないという点が使いやすいポイントです。
マグネット印刷できるグッズの種類を見ていきましょう。
まず挙げられるのがプラスチックのバーが付いたタイプのものです。
メモなどをマグネットで挟んでホワイトボードや冷蔵庫などに付けることが出来ます。
広い範囲に印刷することが出来るので、デザインに工夫を凝らしたマグネット印刷が出来ます。
その他にはクリップやフックが付いているものがあり、マグネットとして貼り付けたままで物をはさんだり掛けたりすることが出来、より便利に使われます。